増渕篤宥展

9月20日から水道橋の千鳥さんで始まる個展のご案内です。

e0163212_19385920.jpg

--------------------------------------------------
増渕篤宥 展

2014年 9月20日(土)~9月27日(土)
12:00~19:00 ※最終日は18:00まで
作家在廊日 20日(土) 21日(日)

千鳥 東京都千代田区三崎町3-10-5 原島第二ビル201A  Tel 03‐6906‐8631
--------------------------------------------------

DMより、、、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
宮崎のマスブチトクヒロさんの作品展です。
写真は、透かし彫りの一輪挿し。
精緻極まりない造形に圧倒されます。
人気のポットや、日常使いの器も多数並びます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回は釉象嵌、トクサ模様の器を主体に透かし彫り、釉象嵌の一点もの、少しですが耐熱の器を出品させて頂いております。時々「模様はどうやってつけているのか」と尋ねられるのですが、釉象嵌、透かし彫りはすべて刃物を使い手彫りしております。
型や判を使う方法もあり作業の能率もよく柔らかな輪郭もそれはそれでよいものなのですが、鋭い刃物で手彫りすることでシャープな陰影が生まれ、ガラス質の釉薬で覆われた文様は輪郭の刺々しさをやわらげ、手彫り独特の陰影を楽しんで頂きたく、当工房では敢えてこの方法を採っております。今年は数をこなす事により作業にも慣れ、道具にも改良を加えた事により昨年とはまた少し違った雰囲気、パターンも出来ていると思います。些細な事ですがそんなところも楽しんで頂ければ幸いです。今回初登場の品物もあります、皆様のお越しをお待ちしております。

そして上京前のひと仕事、製作期間中ほったらかしだった畑の大草刈り大会。
肩まで伸びた草をなぎ払い草負けし、顔面を盛大に虫に刺され少々凸凹しておりますが20日、21日の在廊、、、少々お見苦しいことになっているかもしれませんが(もとから?)何卒ご容赦の程。。。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
今後の予定

名古屋sahanさんで開催された、大中和典さんとの二人展。盛況のうちに無事終了しました。猛暑の中お越し下さった皆様ありがとうございます。沢山の新たな出会いにも恵まれ、感謝の一言に尽きます。

2014 9月20~27日 個展 千鳥・東京

2014 11月 企画展 東京・目白

2014 11月 企画展 宮崎・延岡

2014 11月 企画展 愛媛・松山
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]

by sakuragoe | 2014-09-18 19:51 | 展示会

<< 無事終了 大中和典 増渕篤宥 二人展 >>