<   2009年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

無事終了

水道橋、千鳥さんでの東京初個展も無事終了、
寒い中足を運んで下さった皆さま、
さまざまな提案と、準備に奔走して下さった千鳥の柳田さん、
楽しいトークとパフォーマンスで会場を盛り上げて下さった池田泉先生、
空っぽの器に鋭い感性で器として生きる命を吹き込んで下さった上野雄次さん、
ブログを通してご協力して下さった皆さま。
日ごろから応援して下さり、見守って下さった皆さま。

“お陰さま” という言葉を心から実感できた、あっという間のありがたい9日間でした。

また、
寒い中、入場までお時間頂いてしまったこと。
初日から欠品を出してしまい、多くのお客様に残念な思いをさせてしまったこと。
今まで遭遇したことのない状況にパニック状態でご来店下さった皆様をちゃんとおもてなしする事が出来なかったこと。
他にも至らぬ点、多々あったかと思います。
深くお詫び申し上げます。

予想をはるかに上回る新たな出会いに恵まれたこと、とっても嬉しく思うとともに、
これを教訓に、より一層しっかりとしたモノツクリになれるよう精進していく所存でございます。

今は只 感謝の気持ちで一杯です、心から ありがとうございました。
[PR]

by sakuragoe | 2009-11-30 01:16 | 展示会

無事帰還

21日よりはじまっている千鳥さんでの個展、
オープンからとっても沢山の方がご来場くださって、最終日まで充分楽しんでいただける準備をしていたつもりなのですが、初日から欠品を出してしまう始末で、少々動揺しております。
これもオーナーの柳田さんをはじめ、とっても楽しく中国茶を淹れてくださった池田泉先生、会場に彩りを添えてくださった上野雄次さん、そして陰ながら支えて下さった皆様のおかげかと。
本日、追加の納品させていただきました。
ほんの僅かではありますが29日の最終日まで楽しんでいただければと思っております。

今回会場のお花を生けて下さっている 上野雄次 さん。
今回お目にかかるのは二度目でして、、、、
三年ほど前、宮崎で独立したもののイキナリ切羽詰まってしまい、四面楚歌、背水の陣どころの騒ぎではなく、祈る思いで都内のギャラリーに飛び込んだ時、そのギャラリーでその日たまたまお花を生けていたのが上野雄次さん。今思っても考えられないくらいにタイミングの悪い日、もはやこれまでか・・・。っと思ったときに掛けて下さった一言。

「がんばってくださいね」

その一言にどれだけ救われたことか、
お陰で今もこうしてモノツクリとして生きていることができる。

まだまだ小さく、とてもあの時の恩を返す力は持っていないが、せめてご案内させていただければ。。。

-----------------------------------------------------------
「花いけ×器×映像×語り」
上野雄次×花がたり

見えてくる花のかたち、
聴こえてくる花の声
花道家・上野雄次が記録映像とともに語ります

第1回ゲスト>古川久記
(映像作家・照明家)

2009年11月29日(日)  15:00ー17:00

器とcafe「ひねもすのたり」  杉並区阿佐ヶ谷北1ー3ー6 2F
 
料金 1500円(1ドリンク込)

予約 03-3330-8807
-----------------------------------------------------------

つづきましてご案内。
鹿児島の個展にお邪魔した際、いろんなエピソード聞かせて下さった伊藤環さんからDMいただきました。
皆それぞれの思いを抱え、壁を乗り越えモノツクリしてるんだなっと、自分ももっと頑張らねばっと思わせて下さいました。
e0163212_22997.jpg

-----------------------------------------------------------
個展  伊藤 環 の 器
2009.11.25.wed→12.12.sat
11:00~17:00 *日・月・火は定休
作家在廊日 11.25.wed , 26.thu
陶屋 なずな
奈良県北葛城郡広陵町馬見北9-2-6
0745-55-9117
-----------------------------------------------------------


スミマセン、もう始まってます!お近くの方、そうでない方もお急ぎくださいマセ!!
[PR]

by sakuragoe | 2009-11-28 02:23 | 展示会

いよいよ

明後日から水道橋 千鳥さんでの個展。
明日の午前中には都内に入る予定。

今回は白黒シマシマ系に加え、淡萌黄のうつわ、耐熱の器などちょっと品物の幅をひろげてみた。
どんな評価を頂けるのか、不安でもあり、そして楽しみでもある。

たくさんの方々のお力を頂き ナントカ スタートラインに立つことができたと思うと、感謝の気持ちで一杯である。独立してからはまだ日も浅く、至らない点、多々あると思うのだが、ここはひとつ、新たな出会いをめいっぱい楽しむ気持ちで臨もうと思う。

ただ、このふた月 家族以外の人間との接触がなく、、、
いきなり都会の雑踏にもまれ目を回さないか、ちょっと心配である。

e0163212_0264685.jpg

------------------------------------------------------------
増渕 篤宥 展
2009.11.21(土)~11.29(日) 11:00~19:00 会期中無休
在廊日 21日(土) 22日(日)
東京都千代田区三崎町3-10-15 原島第二ビル201A
TEL 03-6906-8631 URL http://.chidori.info

会場の花を生けてくださるのは、花道家・上野雄次氏。
また、下記の日時、中国政府公認茶藝師・池田泉先生に岩茶を淹れていただきます。
21日(土) 14時~18時  22日(日) 11時~17時
大紅袍をはじめとする、香り豊かな中国茶をお楽しみください。
------------------------------------------------------------

会場でお目にかかれれば嬉しいです♪もしお目にかかれなくても千鳥さんのブログから楽しんでいただければ幸いです!!
それでは、いってきま~っす♪
[PR]

by sakuragoe | 2009-11-20 00:57 | 展示会

発送完了

今日、ナントカ個展に向けての器をすべて発送することができた。

今回の個展、千鳥のオーナー柳田さんもとっても力を入れて下さっており、
21日(土)14時~18時 22日(日)11時~17時は 中国政府公認茶藝師・池田泉先生がアノ大紅袍をはじめとする香り豊かな岩茶を入れて下さり、
会場のお花は華道家・上野雄次氏が生けてくださるとの事。
お花を生けてくださる上野雄次さんとは以前一度お目にかかったことがあり、
ようやくあの時のお礼ができる。
詳細は後日書こうと思う。

柳田さんの粋なハカライに感謝感激!である。

スタートまであと三日。
言い訳せずに済むものが造れたつもりではいるが、
こればかりは蓋を開けてみないとナントモカントモ、、、
到着は明後日、工房のガランとした棚を見つつ“ここまでくれば腹をくくるしかない”とようやく覚悟を決める。
[PR]

by sakuragoe | 2009-11-18 23:42 | 展示会

おしらせ

展示会のページ、DMの画像掲載しました!
よかったら画面右上展示会のページからどうぞ♪
[PR]

by sakuragoe | 2009-11-14 00:41 | 展示会

陣中見舞い 其の弐

先日陣中見舞いの記事を書いたご利益かどうかは不明だが、
今月21日より個展でお世話になる千鳥さんから陣中見舞いをいただいた。
今回の個展はとっても盛りだくさんの企画を組んで下さっており、オーナーの柳田さんの気合と心意気がヒシヒシと伝わってくる。

明日(今日?)の朝には今回初出品のオーブンプルーフの器と中国茶を楽しむ器の窯出し、うまく上がってくることを祈る。
折角の期待を裏切らないためにも個展までのラストスパート、もう一窯焚く予定。

ここはひとつ、頂いた陣中見舞いありがたく活用させていただこうと思う♪
そしてカンフルに、女房の愛のムチ(痛!)と70~80's punk rock♪
これもまた効きめがよろしいようである・・・。


そしてもう一つ、岐阜県土岐市の小澤基晴さんからお便り頂きましたのでご案内。
e0163212_1284281.jpg

--------------------------------------------------
小澤 基晴 陶展
R no.2
2009.11.18(wed)~11.22(sun)
am12:00~pm18:00 (最終日17:00 まで)
鎌倉市稲村ケ崎2-4-21
URL http://r-kamakura.com/
--------------------------------------------------
丁度この時期個展と重なってしまい行かれないのが無念!
そんな自分の分までご都合の付く方、是非楽しんできて下さいマセ!
[PR]

by sakuragoe | 2009-11-11 01:39 | 日々

陣中見舞い

水道橋、千鳥さんでの個展まであとわずか。
緊張感は高まるばかりである。

そんな事はどこ吹く風とばかりに おもてで元気に遊ぶ サビ(猫) さん、
風に舞う落ち葉を捕まえては誇らしげに見せにくる。

作業する自分の傍らに置いて、また落ち葉を捕まえに。
殺伐とした空気の漂う工房に一服の安息剤、
粋な陣中見舞い、ありがたく受け取ることにする。
e0163212_2251240.jpg

[PR]

by sakuragoe | 2009-11-03 02:31 | 日々