「ほっ」と。キャンペーン

ガラクタ

e0163212_22531884.jpg
借りている工房の隣にある、昔牛舎として使われていた建物を取り壊して、農機具の倉庫を建てることになったらしい。


解体が進んでいく中、いろんな昔の道具たちが でてくる でてくる。


まだまだ現役の道具たち、役目を終えた道具たち。

人力で使う道具、牛馬に牽かせて使う道具、発動機の付いた道具。

見ているだけでオモシロイ。



機能するために生まれてきた形。

キチンとした意図と意味を持った形。


役目を終えて土に戻ろうとしている姿さえ、なんとなく凛々しくみえてしまう。




木製の部分は お風呂の焚物に、焼け残った鉄のガラクタたちをいただいた。


どうしたら意図と意味をもたせることができるか。

考えているときがいちばん楽しい。


道具ってたのしい。
[PR]

# by sakuragoe | 2008-03-02 22:51

ほかにいいようがない

e0163212_2342474.jpg
残念だ。



なんてことなく生きている日々。


きょう、いま、なにができるか。



しっかり踏みしめながら生きていこうと思ってます。





開かずの虎さん、みんなでパ~っとやりたかったですね。


どうやら近いうちは出来そうにないですが、


ずっとずっと先、何十年かあと、あの頃の仲間が天寿を全うしたら。

きっと、あの世でドカ~~~ン!とやりましょう。



それまでは気長に見守ってやってください。



茨城の誇り!開かずの虎さんのご冥福を心よりお祈りします。




ちょうど同じ頃、うちのこげ茶君も事故で天に召されました。




残念で、残念で仕方がないが、それぞれに残してくれたものを大切に。


悔いの無いよう生きていこうとおもう。
[PR]

# by sakuragoe | 2008-02-25 23:03 | 日々

送別会

e0163212_2371661.jpg
ほとんど手ぶらの状態で宮崎に来て、まずはシゴトを!

と飛び込んだ綾町の窯元 照葉窯。

そこで一緒にシゴトをさせてもらった従業員のゆうちゃんが照葉窯を離れることに。

そして、新入りのIくん。



その歓送迎会にオヨバレしてきました。



H料理長(本職!)ご自慢のアンコウ鍋、絶品のオツクリとニギリ。

美味い酒と尽きることのないハナシ ハナシ ハナシ。


タノシイ タノシイ、 だけどほんの少しだけサビシイ夜。





次のシゴトにヤキモノは選ばなかったが、
10歳も食ってしまっている自分が恥ずかしくなるくらい年齢以上にシッカリしている彼の事だ。

きっと次のシゴトもしっかりこなしていくことだろう。





まあ無いだろうが・・・、もしココロのどこかに捨てきれない何かが引っかかって取れなくなったとき、

そのときはいつでもヤキモノに戻ってこれるように、こんな道もあったよと言えるように。


自分も頑張らねば。


ヨシヨシ。 そうだそうだ。



良い夜だ。



それぞれの生き方。



ガンバレ ガンバレ。



おれもがんばる!
[PR]

# by sakuragoe | 2008-02-04 23:06 | 日々

取扱店

只今準備中です、今しばらくお待ち下さいませ。
[PR]

# by sakuragoe | 2005-04-02 00:00 | 取扱店